バリで気づいた素敵なこと。

Selamat siang.

 

みなさんこんにちは😃

 

 

 

冬が終わってポカポカ陽気🌸🌸🌸

 

 

が、しかし‼️

コロナウイルスで、自粛ムード。

 

 

 

せっかくこれからがシーズンインだったのに!!⚡️

と嘆くライダーも多いことかと思います。

 

 

ELISも!!!

いろんな遠出計画立ててたのにぃぃぃ(T ^ T)

 

 

でも、もがいても仕方ないっっ💪

今だからやれること、

やらなくちゃいけないことだってあるはず😃❤️

 

先を楽しみに、「今」頑張りましょうっ(^o^)

 

 

 

 

さてさて、

 

今日はバリ島のスクーター旅ブログ

更新していきますよ~♪

 

バリ島旅3日目。

 

 

ウブドは観光スポットがいっぱいなので

2STAY(2泊)しました。

 

今日はウブド滞在記その②をお届け致します。👄

 

 

 

 

バリ島の素敵カルチャー手作り「チャナン」💐

 

朝起きると、

ステイ先のおうちのご主人がなにやら

ごそごそとしているのを見かけた。👁‍🗨

 

 

 

ついて行くと…

「チャナン」をお家の神様にお供えしていたので

写真を撮らせてもらいました。📷

IMG_0081.jpeg

 

これらは、「チャナン」と呼ばれるお供え物。

 

 

 

なんとこれ、全て手作り。🙌

 

ヤシの木の葉やバナナの葉をお皿にして

お花も生花を使い、聖水と食べ物をそえて

毎日作っているんだそう。🌺

 

 

 

普段は女性がお供えするのですが

お家に神様がいるこのステイ先では

男性であるご主人がお供えをしていました。

 

 

バリでは、いろいろなところ(建物・家・車・バイク・・・ets)

に神様が宿っているとされていて、

 

毎朝・夕に神様に感謝と祈りを込めて、チャナンをお供えをします。

 

素敵な風習ですよね。✨✨

今日も素敵な1日になりますよーにーっ(*^o^*)💕

 

 

 

市場で「激安」おやつ系モーニングを食らう😋

 

 

ウブドといえば、

朝6時からやっている有名市場があるんです🛵

 

 

色々な出店が出ていて、

ご飯やお土産を買うことができるローカルな観光スポット💡

 

 

 

まずは、お腹が超ペコペコなので朝ごはん探し🔍

 

 

ぐるぐる市場内を回って、

目に止まったのは、とある女性が出していたお店。

このショッキングピンク💖に惹かれたんですよ〜

 

 

 

ってそうじゃなくて、、、

 

 

 

おばちゃんの雰囲気から感じる「老舗感」。

 

「絶対美味いやつやん」という第6感を信じ、朝飯オーダー😋

 

 

 

 

1枚の紙皿に、混ぜ混ぜのプレート飯状態でやってきた。

キャッサバと呼ばれる芋類で作られたカラフルなお餅や

ヘルシーな赤米、おかずがのっている。🌾

 

その上に、甘い系みたらしソース(のようなもの)

をかけたのがバリ式の朝ご飯。

 

 

 

つまり、おやつ系ご飯ですね。

 

 

おばちゃんの愛のこもった「優しい味」がして

最高に美味しかった‼️

 

 

こちらのご飯はわずかRp.30,000(=205円)💰

ご馳走様でした♪

 

 

 

ふらっとイン。安うまローカル「ラーメン」店 You&Mie🍜

 

 

朝ごはんを食べてからは、

お土産探しに3時間ほど市場をぶらぶら👣

 

 

 

日本に住むマミーにもお土産買えたし、

スクーターに乗って帰路の途中・・・🛵

 

 

 

美味しそうな「ラーメン」の匂いがELISを振り返らせ、

思わず戻ってこのお店にたどり着いた・・・。

ラーメン店 YOU & MIE

 

 

 

ラーメンの匂いで、過ぎた道を戻るなんてこと滅多にないんだけど、

体が勝手に戻りました(°▽°)

 

それくらい引き寄せられました(笑)

 

 

お店の雰囲気は可愛らしいレンガ調。

 

 

 

メニューは英語と日本語があって、観光客向けのお店のよう💡

 

 

 

看板メニューのチキンワンタン麺をオーダー🍥💕

お野菜たっぷり❤️

お味はと言いますと、、、

 

日本を思いだず鶏がらスープの程よい味わいで

思わず、飲み干すほど‼️

 

 

トッピングのワンタンもとろとろで、卵も味がしみていて

超美味しかった💮💮💮

※大好物の卵はシメ派です👆※

 

 

 

 

ウォーキングにぴったり!SUNSETポイント「Campuhan Ridge」へ行こう👣

 

 

ウブドのBestサンセットならココ!

 

といっても過言ではないオススメすぎる場所があります☀️

 

 

「カンプハンリッジウォーク」👣

 

バリらしい田園風景や自然を楽しみながら、

ウォーキングをしてトップビューを目指す。

なだらかな傾斜が続きます👟

 

 

 

 

 

頂上ポイントにやってきました。🏁

もう少しで日が沈む時間が近づく・・・

 

 

歩き始めは、一緒だった多くの人たちがどこかへ行ってしまい、

 

音も、人通りも少なく

穏やかな空間が目の前にありました。

 

 

 

 

空がオレンジ色に染まり、日が沈んでいく。

 

 

ウブドの街中は、人やバイクも多く排気ガスがムンムンで

足や顔がススだらけ(^◇^;)

 

でも、このトップビューのカンプハンリッジウォークでは

空気がすごく澄んでいて、美しい景色が私を待っていたの💕

 

 

 

日が沈んで、空がそーっと暗くなっていく

心も澄んでいくような感覚で

 

真っ暗になるまで、じーっと見ていた。

 

 

 

日も完全に沈み、真っ暗な道を歩いていたら

フルートの美しい音色が聞こえて思わず話しかけた。👄

 

 

現地人のWayan。

 

 

現地の人の中には、バリの言葉しか話せない人もいるけど

彼は英語が話せたから、

 

会話が弾んで一緒に飲んで歌って、面白い出会いをしたよ😀

(金髪がWayan)

 

 

 

私は「旅の続きだから朝早いし、帰るね」って言ったら

また日の出の朝にここに来いって言われ、

 

 

また明日〜🤚

 

 

 

 

バリで気づいた素敵なこと。

 

 

今回の現地人Wayanと会話する中で

ローカルの話や、暮らし、考え方を知ることができて

 

「英語」って、やっぱりすごくいいなって思ったの。

 

 

 

オーストラリアは当たり前に英語を話すけど

そうじゃない国で現地の人に現地のことを教えてもらうには

「英語」という言葉がコミュニケーションの手段に役立つ。

 

 

 

言葉の大切さ。

言葉という手段が伝える・関わることを変えて、

 

旅の物語を変える。

 

 

 

挨拶やありがとう・ごめんねとか

簡単なバリの言葉は覚えていったから

 

ローカルの人たちに話しかけると

やっぱり「関わり方が違う」ように感じた。

 

 

もっと親密で楽しくて、嬉しくて笑顔になる☺️

 

 

 

 

 

人も文化も景色も、

目の前に見える景色が美しく変わる。🌐

 

 

 

– 世界は美しい –

Beautiful World

 

 

 

そんな素敵なことに気づいたバリ旅3日目。

4日目は、名前がびっくり「キンタマーニ高原」を目指すよっ😇

 

 

次回もお楽しみに🖤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です