恐竜の時代へタイムスリップ⌛️キングスキャニオン‼️

G’d mate 🇦🇺🐨

 

ウルルを出発して次に目指した場所は

太古、恐竜が生きていた時代の植物や化石、

 

そのダイナミックな景観を見ることができる

Kings canyon(キングスキャニオン)!!

 

 

極寒!!最低気温1度でキャンプ⛺️

 

ウルルからは約3時間。

 

なのですが、出る時間もお昼近くだったため

キャンプ場に着いたのは4時近く。🕓

 

その日の散策は諦め、キャンプの準備。⛺️

 

手洗い洗濯・ご飯・お風呂

あっという間に日も暮れ、気温もどんどん下がる。😅

 

 

電波も無料Wifiもありません。

お風呂後、身動き取れないほど冷え込んで

 

気温は1度。ガチで。(^^;;

 

 

何もする気もなくなり、ひたすら寝るしかないと

寝袋にくるまり、18時に就寝😴😴(笑)

 

 

ふと目を覚ました時間は朝の6時。

本気の12時間睡眠💤

 

 

キングスキャニオンから出る朝日を拝み☀️

 

 

 

お天気もパーフェクト💮

 

それでは、

キングスキャニオン散策行ってきま〜す👊

 

 

 

Watarrka National Park(ワタルカ国立公園)内で

その素晴らしい景観は存在する‼️👍

 

ここは日本人向けのパッケージツアーもあるほど

名の知れた人気名所‼️😉💞

 

 

体力勝負を強いられる⁉️キングスキャニオン👣

 

さぁて困った。🤔

トレッキングコースがこのように分かれている。

 

 

うん、、、意外に長い。

中途半端な折り返しは1時間。💧

 

せっかくここまで来たので

一周コース、3−4時間トレッキングを選択👆👣

 

 

おわぁ。かなり険しい。

かなり角度のある石段です。^^;

 

 

いやでもウルルも登ったし、

I can do it!🙆

 

 

 

 

登りきった傾斜の先には渓谷が広がる👀。

 

 

 

まさに絶景〜!!!!!

 

 

 

このように荒れた岩肌を歩きます👟

 

 

 

休憩兼、撮影(笑)

 

 

おっと!通せん坊?

ではなく、

この先も少々よじ登って行きます👟

 

こんな荒れた場所にも木が生えてるんですね〜😲

 

 

生きる命もあれば、死すものもあり。

 

 

まだまだ歩き続け・・・

だんだん凸凹としたキャニオンらしい景色にっ‼️

 

 

 

 

 

 

約1時間半・・・ようやく半分。

でも頑張った甲斐あってこの景色!👀✨

 

 

これぞ、キャニオンって感じ^^💛

 

 

 

この景色を眺めながら、

世界ナンバー1の絶景、

グランドキャニオンを見たいと思う私であった←

 

アメリカ行かなきゃね〜🇺🇸

 

 

恐竜が生きた時代の植物を発見👁‍🗨

 

トレッキングも終盤に近づくと・・・

突如あらわれた植物。🌳

 

 

恐竜が生きていた時代から生えている植物だそう💡

 

 

大昔、ここに恐竜がいた。

 

大昔へタイムスリップした気持ちになる場所です⏳

 

 

またまた発見👀

不思議な模様。なんだこの模様??🙄

ここが海だったことを表す地表なんだそう💡

 

 

時計を見るときっかり3時間⌚️

とおーーーくの方に見える駐車場🅿️

 

 

散策で3時間歩いたのは初めてであった👟

ただいま駐車場〜‼️

 

 

豆知識🌱世界の中心で愛を叫ぶのロケ地🎦

 

キングスキャニオンは「世界の中心で愛を叫ぶ」の

本当のロケ地でもあるんです。💡

 

セリフやストーリの中で「ウルル」が舞台とされていますが

名前を使っているだけで、

実際に撮影を行なったのはここ「キングスキャニオン」だそう。

 

 

>>Q なぜウルルじゃなかったのか?🤔

という疑問が湧いてきたのですが

 

私が思うに・・・

ウルルが神聖な場所であること、

キャストやスタッフの安全配慮や天候なども

関係してキングスキャニオンになったのだと思います^^

 

 

 

,以上っ

キングスキャニオンリポートでした🎙💞

 

 

旅はまだまだ続く。

 

Elis.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です